ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長 ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長
 


筆者のページ


コンピュータ関連

 デュアルコア・マルチコア・マルチCPUマシンの安定動作法

 PCI Latency Toolを使う

 マイクロソフトIntFilterでデバイスを固定CPUで使用する(Interrupt Filter Configuration Tool)

 PDFがAdobe ReaderやFoxitなどでは表示されるが、インターネットエクスプローラで表示されない時の解決方法

その他

■映画 2001年宇宙の旅 でつじつまがあわないシーン発見!

 先ほどテレビを見ていたら、映画中の各種間違え映像を特集していた。その映画の年代設定では存在しなかったものが映りこんでいたり、前のシーンで破壊済みのものが元通りになっていたりする、映画制作中の意図的な矛盾かバグだ。早速ネットで「映画 つじつまが合わない」と入れて検索したところ筆者が好きな 2001年宇宙の旅 を指摘する記事を見た。それは宇宙ステーションから月面基地に移動する宇宙船内の食事シーンで、ストローで飲んでいる機内食のスープのストロー中の液面の高さの変化に着目したものだった。ネット上の指摘は「無重力状態だから、ストローから口を離してもストロー内の液面が下がるわけないのに映画では下がってるのでおかしい。」という趣旨である。
でも残念ながらおかしいのはその記事を書いた本人である。スープの容器は密閉されていているので、ストローでスープを吸い込むことによって容器内は船内の与圧に比べ負圧になる。そうすると口を離したとき、当然与圧がストロー液面にかかり、ストロー内のスープ液面は下がることになる。重力の有無とは無関係な現象であり、地上と同じ結果になるはずだ・・・・などと思っていたら自分でもなにかつじつまが合わないことを発見したくなってきた。
と 2001年宇宙の旅 を久しぶりに見始めておよそ20分、猿から宇宙時代に切り替わってまもなく矛盾を発見した。しかもこのシーンはかなり有名で、映画をテレビで放映する際の宣伝カットなどにも使われるところだ。筆者もおそらく100回くらい見ているので、正直なんでいままで気づかなかったのか・・・と少しはずかしいくらい。

問題のシーンはパンナムの宇宙飛行機(翼付き宇宙船)が静止軌道上の国際宇宙ステーションとドッキングするシーンだ。宇宙ステーションは中心軸から腕をのばしそこにドーナッツ状の居住区が2つ接続されている。そしてその居住区に重力を付与するために中心軸区画を中心にして回転している。そして一番回転量(移動量)の少ない中心軸付近が宇宙船の発着場となっており、その発着場は宇宙飛行機が翼付きなのを考慮して長方形の開口部になっている。
問題のカットはその発着場内部からパンナム機が軌道修正するのを眺める30秒以上あるなが〜いカットだ。
まず発着場内部からの発着場の施設越しに外(宇宙)が映る。当然ステーションが回転しているので、星星はステーションの中心を軸に回転しているのが映っている。しばらくすると、開口部の右下からパンナム機が現れ、中心軸を多少行き過ぎた地点まで直線移動していく。この時点でパンナム機はステーションの回転に同期(シャトルも回転運動を加えている)しているから、ステーション内部から見て翼の傾きなどは終始かわらない。
「は〜ん、そうだよね〜、ステーションは回転してるんだからシャトルも回さなきゃねっ」と小学生の筆者は映画館で納得した。
が、大人があら捜しの目で見たらインチキが3秒で露呈した。
シャトルをステーションに同期させるまではいい。しかし「犬追い」方式にしても「着点予測」方式にしてもドッキング時に渦巻きを描きながら近寄ることは絶対にないだろう。というのは、問題カットのパンナム機がどのように動いているかを考えるとパンナム機が渦巻状の運動をしないと実現できないからである。
図もなくご理解いただくのはそもそも難しいし、筆者も表現力がないので伝わらない可能性が高いので別の角度で説明を試みる。
もし逆にまっすぐ(直線運動で)シャトルが発着場にドッキングするのを発着場から眺めるとどうなるかを考えてみよう。
シャトルもステーションも回転は同期しているので、その回転量をお互いに変更しない限り、見えているシャトルの翼の角度は変わらない。ここまではいい。そして近寄ってくるシャトルは発着場開口部の右か左のはじに最初に現れ、背景の星の動きとほぼ同期した渦巻状の軌跡を描きながら中心に近づいてくるはずだ。
う〜ん、説明しづらい・・・
おわかりいただけただろうか?

ご理解の読者はぜひこのことをどこかにわかりやすく書き込みしていただき、この話がテレビにでる→この閑散としたサイトに少し読者が増える→筆者はうれしい→よろしくお願いいたします

しかしこのような目で見てしまうと好きな映画もその映画に対しての好感度が落ちてしまう気がしてきたので、2001年宇宙の旅 に関してはこれ以上のあら捜しを今日はやめておく。(ていうか皆さんが知っているものがあったら教えてください)














ハードディスクの寿命
外付けハードディスクケース

外付けHDDケース

外付け ハードディスク ケース 自作金具番長皿屋敷紹介ページ 外付けハードディスクケース 金具使用例
ユーザー使用例
↑    ↑    ↑    ↑
まずはこちらをごらんください。
ショップハードディスク番長で購入する
ポートマルチプライア PM5P-SATA2 を使用して ハードディスク ケース を作る。

ハードディスクが長寿命化するハードディスクケース


ハードディスク関連記事

 ハードディスクの寿命
 HDD劣化の原因と対策
 不良セクタ・不良ブロックとはなにか
 S.M.A.R.T.で障害状況を分析する
 不良セクタがあるハードディスクを再利用する
 ハードディスク接続ケーブルの問題点
 HDD Regenerator(ハードディスクドライブ リジェネレータ)で不良セクタを修復する
 ローレベルフォーマット

ハードディスク収納関連記事

 ケースからあふれたハードディスクの設置方法
 ハードディスク増設用にATX電源を改造する

ベランダサーバ関連記事

 ベランダサーバの作り方

その他の記事

 ハードディスク番長な人に適したPC構成を考える
 バックアップを考える

HDD番長東西対決

 HDD番長展示室
 企画HDD番長東西対決

 今月のHDD総番
 西のHDD
番長(60Hz)

 東のHDD
番長(50Hz)

 HDD
番長展示室

製品紹介

 エアコン内蔵可能型屋外PC収納ケース(ハードディスク番長シリーズ)
 ハードディスク番長の使い方

 ハードディスク大量搭載用マウンター金具(番長皿屋敷シリーズ)
 番長皿屋敷の使い方
 ハードディスク
番長実況生中継(WEBカメラ)

趣旨及び注意事項

 このページは理由なきハードディスク拡張をし続ける粋人のために作られた。PCに比類なき多量のハードディスクをいかに設置するかを研究、実験、報告するページである。ここに記載された内容は、筆者本人が信じて疑わないことであるが、世間的に必ずしも正確であるとは言えないことを宣言しておこう。またこのページを参照しての実験はすべて自己責任で行ってほしい。なおその結果について当局は一切関知しないからそのつもりで。リンクについてだが、無断でおおいにやっていただきたい。それはこのページ内に筆者が製造販売している番長グッズが存在しているため、宣伝したいからである。よろしくおねがいいたします。


hdd 袋製造 製袋 チャック付きポリ袋 ユニパック F-4  ユニパック
ビニールジッパー袋
グラシン ポリ 大袋 アルミ袋 ジップロック フリーザーバッグ セイニチ ローズラップ チャック付ポリ袋
チャック袋 ラミジップ アルミ ラミジップ AL-K ユニパック j-4 ユニパック J-4



ハードディスク16台搭載可能 自作外付けハードディスクケース


HDD16台搭載可能 自作外付けHDDケース金具


エアコン内蔵可能型屋外ベランダサーバ ハードディスク番長




チャック袋セイニチ「ユニパック」相当品「サンジップ」ならハードディスク番長の工場で




チャック袋-セイニチユニパック相当品「サンジップ」
  Janualy 2007 COPYRIGHT(C) MITUWA Limited Company ALL RIGHTS RESERVED.  goiken@hddbancho.co.jp