ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長 ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長
 


IntFilterの使い方(セットアップと使用法)


 通常OSは使用率が最も低い仮想CPUにデバイスドライバの処理を依頼する。これにより各CPUのタスクが均一化するわけであるが、同一デバイスへの論理上のシリアル転送であっても、他のデバイスなどから割り込みがあった場合、OS上で連続データがぶつ切りにされ、処理が別々の仮想CPUに割り当てられてしまう可能性がある。この様な状況ではCPUキャッシュヒット率は低下し、デバイスドライバやファームウェアの想定処理順エラー、データバス割り込み多発によるタイムアウトやバッファオーバーフロー、ハイパースレッディングCPUでは内部演算器の同時二重占有許可待ち(デッドロック)、などが発生する場合がある。こうなるとエラーデバイス内部でリセットがかかり再度先頭からデータ転送要求をすることになるから、極端な処理速度の低下やデバイスの不安定さを招くことになる。
マイクロソフトのIntFilter(正式名称 Interrupt Filter Configuration Tool =通称イントフィルタ)はマルチCPU環境でデバイスが使用するCPUを確定させてしまうツールだ。マルチCPU環境でもデバイスがCPUを固定して使用することによりできの悪いデバイスドライバやマルチCPUでの使用を想定していない古い機器でも安定度を上げることができる。またNICやSCSIカードなどのように大量のシリアルデータを処理する機器に対してもCPUキャッシュが有効に使用できることから一部の機器に対してはパフォーマンスアップが狙える。事実筆者のファイルサーバ(仮想CPU数8)のIntelServerAdapterでCPU固定を行うと1Gbpsリンク時に50Mbps以上パフォーマンスがあがる。
このようにIntFilterはマルチCPU環境では絶大な威力を発揮するのだがインストール方法が少し変わっているので一般にはなじみが薄いのではないかと思う。そこで今回はセットアップから使用方法まで少し丁寧に説明してみようと思う。


余談だが筆者はIntFilterやマイクロソフトとは一切関係なくプラスチックフィルム袋の工場を経営している。仕事でアルミ袋やポリ袋、OPP袋、ラミネート袋、チャック袋、印刷袋、無地袋を使っている読者はお気軽に相談いただきたい。

プラスチックフィルム袋製造のホームページ



IntFilterをセットアップする


1.IntFilterをダウンロードする

通常のダウンロードと違いマイクロソフトのFTPサイトからになるので、ローカルファイルと同じようにFTPフォルダからデスクトップにIntFilterをコピーする。
ダウンロード先は こちら

マイクロソフトのFTPサイトからIntFilterをダウンロードする1
マイクロソフトのFTPを開く

マイクロソフトのFTPサイトからIntFilterをダウンロードする2
FTPサイトから直接コピーしデスクトップにIntFilterの圧縮ファイルを貼り付ける

マイクロソフトのFTPサイトからIntFilterをダウンロードする3


2.IntFilterの圧縮ファイルを解凍する
圧縮ファイルをc:\Program Files\IntFilterというディレクトリを作成し、そこに解凍する。

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する1
IntFilterの圧縮ファイルを解凍する

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する2
通常使用している解凍ツールでもちろん構わない

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード1

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード2

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード3
c:\Program Files\IntFilterというディレクトリを作ってそこに解凍する

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード4

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード5

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード6

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード7

IntFilterの圧縮ファイルを解凍する。圧縮フォルダの展開ウィザード8


3.IntFilterをインストールする@
作成したIntFilterディレクトリ中のInstallディレクトリを開き、そこにある intfiltr.sys をc:\windows\system32\driversにコピーする。


作成したIntFilterディレクトリ中のInstallディレクトリを開き、そこにある intfiltr.sys をc:\windows\system32\driversにコピーする1
c:\Program Files\IntFilter\Installのintfiltr.sysをコピーする

作成したIntFilterディレクトリ中のInstallディレクトリを開き、そこにある intfiltr.sys をc:\windows\system32\driversにコピーする2

作成したIntFilterディレクトリ中のInstallディレクトリを開き、そこにある intfiltr.sys をc:\windows\system32\driversにコピーする3

作成したIntFilterディレクトリ中のInstallディレクトリを開き、そこにある intfiltr.sys をc:\windows\system32\driversにコピーする4
コピーしたintfiltr.sysをc:\windows\system32\driversに貼り付ける


4.IntFilterをインストールするA
IntFilterをレジストリに書き込む。c:\Program Files\IntFilter\Install\intfiltr.regを右クリックし結合を選択する。


IntFilterをレジストリに書き込む1
Installディレクトリ内のintfiltr.regを選択し、右クリックして結合を選択する

IntFilterをレジストリに書き込む2

IntFilterをレジストリに書き込む3



5.IntFilterの起動ファイルのショートカットをデスクトップに作成する
Ic:\Program Files\IntFilter\Configl\intfiltr.exeをコピーしデスクトップに貼り付ける。


Ic:\Program Files\IntFilter\Configl\intfiltr.exeをコピーしデスクトップに貼り付ける1

Ic:\Program Files\IntFilter\Configl\intfiltr.exeをコピーしデスクトップに貼り付ける2

Ic:\Program Files\IntFilter\Configl\intfiltr.exeをコピーしデスクトップに貼り付ける3

Ic:\Program Files\IntFilter\Configl\intfiltr.exeをコピーしデスクトップに貼り付ける4



IntFilterを使用する

1.IntFilterを起動し安定させたいデバイスを選択する

IntFilterを起動し安定させたいデバイスを選択する。
※起動の際、デバイスマネージャ上で無効にしているデバイスがあるとエラーが発生するのであらかじめ全部のデバイスを有効にしておく。


IntFilterを起動し安定させたいデバイスを選択する1



2.Add Filterボタンを押しフィルタを設置する
デバイスを選択したらフィルタを設置する。(Add Filterボタンを押す)


デバイスを選択したらフィルタを設置する。(Add Filterボタンを押す)1

デバイスを選択したらフィルタを設置する。(Add Filterボタンを押す)2

デバイスを選択したらフィルタを設置する。(Add Filterボタンを押す)3


3.マスクをセットし使用するCPUを選択する
Upper Filters中のInterruptAffinityFilterを選択しSet Maskボタンを押す。
各CPUごとにチェックボックスを使って使用・非使用を選択できる。
※ハイパースレッディングテクノロジー(HTT=Hyper Threading Technology)を使用しているCPUの場合、なるべく0/2/4/6などの偶数番号のCPUを割り当てよう。そうしないと2つの仮想CPUに対して排他的に1つしか実行できない命令でも同時に入力される可能性があり、その際デッドロックが発生するからだ。windows2000などの古いOSの場合でもこの現象は現在パッチにより回避されているが、基本設計上ではデッドロックが発生するので、致命的ではなくなったがパフォーマンスダウンが発生する可能性はいまだにある。当然安定度も低下する恐れがあるので念のため偶数番号に振り分けよう。


Upper Filters中のInterruptAffinityFilterを選択しSet Maskボタンを押す
InterruptAffinityFilterを選択してSet Maskボタンを押す

各CPUごとにチェックボックスを使って使用・非使用を選択1
CPUを選択する

各CPUごとにチェックボックスを使って使用・非使用を選択2

デバイスの再起動1
デバイスだけ直ちに再起動するか聞いてくる

デバイスの再起動2
大抵のデバイスはOSを再起動しないと設定できないので次回起動時より有効だというメッセージ

Doneでソフトは終了
DoneでIntFilterは終了するが設定にはOSの再起動が必要な場合が多い


4.再起動する
NICなど以外のほとんどのデバイスは実行中に切り離せないので再起動が必要だ。通常無効だがIntFilterを使うために先ほど有効にしたデバイスがあれば再起動前に再度無効にしておこう。



ハードディスクの寿命
外付けハードディスクケース

外付けHDDケース

外付け ハードディスク ケース 自作金具番長皿屋敷紹介ページ 外付けハードディスクケース 金具使用例
ユーザー使用例
↑    ↑    ↑    ↑
まずはこちらをごらんください。
ショップハードディスク番長で購入する
ポートマルチプライア PM5P-SATA2 を使用して ハードディスク ケース を作る。

ハードディスクが長寿命化するハードディスクケース


ハードディスク関連記事

 ハードディスクの寿命
 HDD劣化の原因と対策
 不良セクタ・不良ブロックとはなにか
 S.M.A.R.T.で障害状況を分析する
 不良セクタがあるハードディスクを再利用する
 ハードディスク接続ケーブルの問題点
 HDD Regenerator(ハードディスクドライブ リジェネレータ)で不良セクタを修復する
 ローレベルフォーマット

ハードディスク収納関連記事

 ケースからあふれたハードディスクの設置方法
 ハードディスク増設用にATX電源を改造する

ベランダサーバ関連記事

 ベランダサーバの作り方

その他の記事

 ハードディスク番長な人に適したPC構成を考える
 バックアップを考える

HDD番長東西対決

 HDD番長展示室
 企画HDD番長東西対決

 今月のHDD総番
 西のHDD
番長(60Hz)

 東のHDD
番長(50Hz)

 HDD
番長展示室

製品紹介

 エアコン内蔵可能型屋外PC収納ケース(ハードディスク番長シリーズ)
 ハードディスク番長の使い方

 ハードディスク大量搭載用マウンター金具(番長皿屋敷シリーズ)
 番長皿屋敷の使い方
 ハードディスク
番長実況生中継(WEBカメラ)

趣旨及び注意事項

 このページは理由なきハードディスク拡張をし続ける粋人のために作られた。PCに比類なき多量のハードディスクをいかに設置するかを研究、実験、報告するページである。ここに記載された内容は、筆者本人が信じて疑わないことであるが、世間的に必ずしも正確であるとは言えないことを宣言しておこう。またこのページを参照しての実験はすべて自己責任で行ってほしい。なおその結果について当局は一切関知しないからそのつもりで。リンクについてだが、無断でおおいにやっていただきたい。それはこのページ内に筆者が製造販売している番長グッズが存在しているため、宣伝したいからである。よろしくおねがいいたします。


hdd 袋製造 製袋 チャック付きポリ袋 ユニハンディ H-6  ユニパック
ポリチャック袋
グラシン ポリ 大袋 アルミ袋 ジップロック フリーザーバッグ セイニチチャック付ポリ袋
チャック袋 工場 ラミジップ ユニパック d-4



ハードディスク16台搭載可能 自作外付けハードディスクケース


HDD16台搭載可能 自作外付けHDDケース金具


エアコン内蔵可能型屋外ベランダサーバ ハードディスク番長




チャック袋セイニチ「ユニパック」相当品「サンジップ」ならハードディスク番長の工場で




チャック袋-セイニチユニパック相当品「サンジップ」
  Janualy 2007 COPYRIGHT(C) MITUWA Limited Company ALL RIGHTS RESERVED.  goiken@hddbancho.co.jp