ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長 ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長
 


PCI Latency Tool-PCIレイテンシツールを使う



 PCI Latency Tool(PCI Config)の最新バージョンは3.0v2だ。しかしこのバージョンは環境によっては起動時にハングアップする場合があるのでその場合はPCI Latency tool2.0を使用するとよい。
 PCI Latency Tool 3.0v2の場合
 PCI Latency Tool v2.0の場合


余談だが筆者はPCI Latency Toolとは一切関係なくプラスチックフィルム袋の工場を経営している。仕事でアルミ袋やポリ袋、OPP袋、ラミネート袋、チャック袋、印刷袋、無地袋を使っている読者はお気軽に相談いただきたい。

プラスチックフィルム袋製造のホームページ


PCI Latency Tool 3.0v2の場合

1.PCI Latency Toolをダウンロードする

ダウンロードは こちら(メーカーページではないので注意が必要)

PCI Latency Toolのダウンロード画面

2.PCI Latency Toolをセットアップする
ダブルクリックすると解凍が始まる。

PCI Latency Toolの解凍1
ダウンロードファイルをダブルクリックして解凍する

PCI Latency Toolの解凍2
EXtractで解凍開始

PCI Latency Toolの解凍3
解凍して出来上がったディレクトリ

PCI Latency Toolの解凍4
ディレクトリ内のsetupにインストーラがある

PCI Latency Toolのセットアップ1

PCI Latency Toolのセットアップ2
32bitOSならx86を選択しインストール開始

PCI Latency Toolのインストール1

PCI Latency Toolのインストール2

PCI Latency Toolのインストール3

PCI Latency Toolのインストール4

PCI Latency Toolのインストール5

PCI Latency Toolのインストール6
普通にインストールする

3.PCI Latency Toolを起動する

PCI Latency Toolの起動


4.レイテンシを調整する
例えばIDE ATA/ATAPIコントローラの動作が不安定な場合、現状64のレイテンシから96(デフォルトが32の場合64)に増やす。
※WindowsXpなどのデスクトップOSにデバイスをインストールした場合のPCIレイテンシタイマーのデフォルト値はビデオカード以外は32である場合が多い。同じデバイスでもWindows2003Serverなどにインストールすると64になり、サーバOS用途でデバイスメーカーやマイクロソフトがより安定を志向していることがわかる。

PCI Latency Toolでレイテンシを調整する1

PCI Latency Toolでレイテンシを調整する2

PCI Latency Toolでレイテンシを調整する3

PCI Latency Toolでレイテンシを調整する4


5.レイテンシを設定する
Applyで設定する。ただしほとんどのデバイスの場合、直ちに再設定されないので、SaveしてApply on Startupとすると次回起動時に設定されている。

PCI Latency Toolでレイテンシを設定する1

PCI Latency Toolでレイテンシを設定する2

PCI Latency Toolでレイテンシを設定する3
SaveしてApply on Startupとすることにより、再起動後反映される


6.OS再起動後実際に反映されているか確認する
OS再起動後、設定どおりになっていない場合、設定が禁止されているデバイスである可能性が高い。例えば最初からレイテンシが000となっているデバイスの大半はレイテンシがプログラマブルではないデバイスだ。しかしそうでない可能性もあり例えば000→032に試しに変更しても弊害が出る可能性はほとんどないので一応試しにやったほうがいいかもしれない。


PCI Latency Toolでレイテンシが変更されたか確認する



PCI Latency Tool v2.0の場合

1.PCI Latency Toolをダウンロードする
ダウンロードは こちら(メーカーページではないので注意が必要)

PCI Latency Tool v2.0のダウンロード画面

2.PCI Latency Toolをセットアップする
ダウンロードしたファイルはzip形式で圧縮されているので、すべてのファイルを適当なフォルダを作り、そこに解凍する。


PCI Latency Tool v2.0を解凍する1
ダウンロードファイルを解凍する

PCI Latency Tool v2.0を解凍する2

PCI Latency Tool v2.0を解凍する3

PCI Latency Tool v2.0を解凍する4

PCI Latency Tool v2.0を解凍する5

PCI Latency Tool v2.0を解凍する6

PCI Latency Tool v2.0を解凍する7

PCI Latency Tool v2.0を解凍する8

PCI Latency Tool v2.0を解凍する9

PCI Latency Tool v2.0のショートカットを作成する1
展開したLtcyCfg.exeのショートカットをデスクトップに作る

PCI Latency Tool v2.0のショートカットを作成する2

PCI Latency Tool v2.0のショートカットを作成する3

3.PCI Latency Toolを起動する
使用方法は3.0v2と同じなので参照してください。

PCI Latency Tool v2.0でPCIレイテンシタイマーを調整する


ハードディスクの寿命
外付けハードディスクケース

外付けHDDケース

外付け ハードディスク ケース 自作金具番長皿屋敷紹介ページ 外付けハードディスクケース 金具使用例
ユーザー使用例
↑    ↑    ↑    ↑
まずはこちらをごらんください。
ショップハードディスク番長で購入する
ポートマルチプライア PM5P-SATA2 を使用して ハードディスク ケース を作る。

ハードディスクが長寿命化するハードディスクケース


ハードディスク関連記事

 ハードディスクの寿命
 HDD劣化の原因と対策
 不良セクタ・不良ブロックとはなにか
 S.M.A.R.T.で障害状況を分析する
 不良セクタがあるハードディスクを再利用する
 ハードディスク接続ケーブルの問題点
 HDD Regenerator(ハードディスクドライブ リジェネレータ)で不良セクタを修復する
 ローレベルフォーマット

ハードディスク収納関連記事

 ケースからあふれたハードディスクの設置方法
 ハードディスク増設用にATX電源を改造する

ベランダサーバ関連記事

 ベランダサーバの作り方

その他の記事

 ハードディスク番長な人に適したPC構成を考える
 バックアップを考える

HDD番長東西対決

 HDD番長展示室
 企画HDD番長東西対決

 今月のHDD総番
 西のHDD
番長(60Hz)

 東のHDD
番長(50Hz)

 HDD
番長展示室

製品紹介

 エアコン内蔵可能型屋外PC収納ケース(ハードディスク番長シリーズ)
 ハードディスク番長の使い方

 ハードディスク大量搭載用マウンター金具(番長皿屋敷シリーズ)
 番長皿屋敷の使い方
 ハードディスク
番長実況生中継(WEBカメラ)

趣旨及び注意事項

 このページは理由なきハードディスク拡張をし続ける粋人のために作られた。PCに比類なき多量のハードディスクをいかに設置するかを研究、実験、報告するページである。ここに記載された内容は、筆者本人が信じて疑わないことであるが、世間的に必ずしも正確であるとは言えないことを宣言しておこう。またこのページを参照しての実験はすべて自己責任で行ってほしい。なおその結果について当局は一切関知しないからそのつもりで。リンクについてだが、無断でおおいにやっていただきたい。それはこのページ内に筆者が製造販売している番長グッズが存在しているため、宣伝したいからである。よろしくおねがいいたします。


hdd 袋製造 製袋 チャック付きポリ袋 ユニハンディ K-6  ユニパック
ジッパー付きビニール袋
グラシン ポリ 大袋 アルミ袋 ジップロック フリーザーバッグ セイニチ  チャック付ポリ袋
チャック袋 ラミジップ アルミ スタンドタイプ ユニパック c-4



ハードディスク16台搭載可能 自作外付けハードディスクケース


HDD16台搭載可能 自作外付けHDDケース金具


エアコン内蔵可能型屋外ベランダサーバ ハードディスク番長




チャック袋セイニチ「ユニパック」相当品「サンジップ」ならハードディスク番長の工場で




チャック袋-セイニチユニパック相当品「サンジップ」
  Janualy 2007 COPYRIGHT(C) MITUWA Limited Company ALL RIGHTS RESERVED.  goiken@hddbancho.co.jp
ページ管理番号[B-0022]